教育について「人に必要な物は点数の取り方であろうか?」

皆さんは
「2本指のピアニスト」イ・ヒアさんの事をご存知ですか?
先天性の障害により、
両腕の指が2本ずつしかなく膝下の足がない
韓国の少女なのです。


私は特番で知ったのですが
その特番の映像はUPされてないようでした。

私が知って欲しいのはイ・ヒアさんの事では無く
そのイ・ヒアさんの母(ウ・ガプソンさん)の事

このお二人は確か母一人子一人で
幼少の頃、イ・ヒアさんがピアノに興味を持ったことから
指の力を鍛える為も有り
ピアノを教え始める

母は看護師であり昼間は看護師の仕事をして
その時間は娘にピアノの講師を雇って教えてもらい
仕事が終わると自身もピアノの勉強をして
娘にピアノを教え続けたと聞きます。

人々は当初、障害を持つ彼女がピアノを弾くのはムリだと言い
娘自身もピアノ漬けの毎日にピアノ嫌いになった
事もあるそうです。

母は「ピアノが弾けなければ他のことも何もできない
という一念でピアノにこだわり続け」
1日10時間の血のにじむような練習の果て、
ヒアはついに世界でたった1人の、
二本指のピアニスになりました。

母は
「何時か私は娘よりも先に逝く」
「その時、この娘は一人で生きて行かなければならない」
「この娘が4本の指でピアノを弾くからこそ
 人は聴きに来てくれる」
そう言っていました。

娘に嫌われた時期もあったであろうし
肉体的にも精神的にも金銭的にも辛かった時は
あったでしょう。
愛する娘に嫌われるのは相当辛い事だったと思います。

それでも、我が身を奮い立たせ
心を鬼にして
娘が一人でも生きて行ける道を作った
全ては娘を愛するが故にであり
これを母の愛と言わずに何と言おう


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私達は学校で勉学を学びます。
それはこの文明社会で生きて行く為の教育ですが
人として生きて行く為の教育と言う物は
はたして受けたであろうか?

マイクロソフト社のビルゲイツの名言に
こう言うのがあります。
「学校によっては君が落ちこぼれないようにしてくれたり、
 正しい答えが導き出せるまで、何度でも機会をくれる。
 実際の人生とは全く似ても似つかない。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界は残酷であり厳しい
ですが、私達はその世界で生きて行かなければなりません
だからちゃんとその事を伝えて
次の世代が自分の足で立ち自分の考えと意思で歩めるように
育てなければならないと思います。

そして歩みを止めずに、
進んだ先には世界は美しく希望に満ちている事も

だから、私は時に厳しい事も言います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


喫茶トワイライトは「学びの場」でもありたいと思っています。

ですがそんなに固苦しいものでは無く
知りたいと思った事が知る事が出来る


●勉強とはしなくてはいけないものでは無く
 したいと思う事
(個人的には勉強では無く勉学になるのですけどねw)

私は学生時代、成績は人に誇れるようなものでも無く
いわゆる落ちこぼれでした
(まぁ授業中漫画ばかり描いてましたしねw(^_^;))

ですが後に幾つか行った専門学校では結構良い成績で
どれも卒業しています。
専門学校は専門の教育ですし
自分が学びたいと思って来てましたしね

人は自分が得たいと思った知識は
スポンジのように吸収する物だと思いました。

その昔、辞書読むのが好きって人が居て
当時はその人の事を頭がおかしいと思っていましたが
(今思えばヒドイw)
今の自分だって辞書ほどの厚さのゲームの攻略本とか
丸暗記しちゃったりしますしねww


●勉強は受験の為にするものでは無く
 立派な大人に成る為にするのです。

↑上記の動画の言葉ですがこの言葉には同意です。

この世界の殆どの事は
「何が」>「どうして」>「こうなった」で構成されます。
多くの事を知り多くの経験をして
「こうなった」の未来を
想像して一緒に創り出して行きましょう。

私達人間は未来を想像し創造する力があるのですから…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昔はあまり使わなかったですが
最近、よく言うのが
「怒ってるんじゃない!叱ってるんだ!」
と言う言葉ですかね(^_^;)
「同じじゃん!」
と、言われる事もありますが
同じじゃありません

「怒る」と言うのは感情です。
「叱る」と言うのは教育であり
そこへは相手に対する愛や想いが込められています。

どちらにしても言われた相手は嫌な気持ちになったでしょう。
怒られて叱られて良い気持ちになる人など殆ど居ませんから
「怒られた叱られた=嫌な思いをした=同じ物」
こう考えるのでしょうか…(^_^;)

昔は言わなかったと言うのは言うまでも無く
叱られた経験が多い人はこれが解るからであり
最近の人達は
叱られた経験があまりないのかなぁとか思ったりします。

「叱る」の裏には「愛と想いがある」
「愛の反対語は憎しみでは無く無関心」byマザーテレサ
叱る以上は無関心では無いと言う事ですしね
そうした事を理解して想いをくんだうえで
叱った人が間違ったこと言っているのであれば
反論したり自分の気持ちを伝えれば良い

人は二人以上いれば妥協の仕合であり
だからこそぶつかり合って話し合って
それぞれの場所に折り合いをつける
黙っていれば相手はこれくらいいいだろうと
どんどん侵略して来ます。
主義主張も大切だってことですね

叱った側としては
叱った時に相手に嫌な思いをさせて
嫌われるのは仕方ないとして
(叱る側はそれも覚悟で発言しますし)
叱った内容や意味や想いを理解して貰えなかった事の方が
自身が嫌われるより悲しいのですよね

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人に真に必要な教育とは
テストの点数のとり方では無く
この世界、理性と感情を持った人と人が接する世界で
豊かに生きて行く方法であり
私はそんなものだと思っていますし
喫茶トワイライトは
それらが学び取れる場でありたいと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

お花某
2014年09月09日 23:14
閣下、ご挨拶申し上げます。
「お花某」と申します。
以後お見知り置き下さいます様お願い申し上げます。

ブログ、大変興味深く読ませて頂きました。
閣下の仰ること、一文一文頷いてました。

私は教育系のボランティアをしています。
活動上、やむを得ず叱り飛ばすことも。
(人の邪魔をした場合のみ)
時間があれば、後で叱られた当事者とお話しして
納得してもらえることもありますが、そうでない
場合の方が多かったり(苦笑)難しいですね。

今度営業日にお伺いしてもいいですか?(^^)

それでは、失礼致します。
閣下
2014年09月11日 16:28
コメントありがとうございます。
そして返信遅くなってしまったことを詫します。

「叱る」と言うのは難しいですね
叱る側は叱りたいのではなくて
「解って欲しい」「守ってほしい」
こちらが本来の目的であり
うまく相手に伝えるには
大人も「上手い叱り方」と言うのを
学ばなくてはなりません

どれほどのお力になれるか解りませんが
ぜひ、ご来店くださいませ(^^)
お逢いできるのを楽しみにしていますよ

この記事へのトラックバック