空気

ちゃんと吐け、この伏線が回収され始めましたね。(ガッチャマンクラウズインサイトのお話)

空気を読むとは他者の事を考えるという事、
しかし、空気に流され自分の意思を失えば
そこに自分が存在する意味さえ失ってしまう、
どちらが良くてどちらが悪いという事ではなく
そんな空気の中で自分の考えや意思をしっかり持って吐き出す事

それにより個同士の争いや衝突もあるけど恐れずに乗り越えて行ければ絆となる。
人と人は違うのだから衝突はするものだしね(^ω^)

あとは、自分の中のバランスかな

そもそも、空気を読むと言うのは人が人の中で生きる上での一つの処世術であり
自分を守ったり居心地の良い場所を作る為に必要とする事であり
空気を読んで自分を殺し続けて居心地が悪くなるなら本末転倒であり
そのままでは救いが無い、未来を切り開く為には勇気が必要なのだ
(この場合の勇気とは「自分が傷つく勇気」「他者を傷つける勇気」こういうものも時には必要であり
人は傷ついてもそこから学び立ち上がって成長する生き物なのですから)

空気というのは「誰かの意志で操ることが出来るもの」なのですからね
ボードゲームやカードゲームではよくやりますw
案外、自分の意志で選択肢があるカードを引いてるつもりが
引かされるように誘導されているとかね(^^)


この世界の「何が」「どうして」「こうなった」で構成されるのですが
時代は「何が」→「こうなった」
そして「こうなった」
と、どんどん省略されていっています。

「こうなった」
で、対応すれば解りやすいけど後手後手にまわり
「何が」と「どうして」を理解してる人に操られてしまう
「何が」「こうなった」で対応しても
「どうして」を理解してる人に操られてしまう。

「空気が出来てしまっては遅い」と言う事もあるということであって
「何が」「どうして」「こうなった」を理解した上で
誰かが引かせようとしたカードでも
自分の考えと自分の意志で引くのであれば
それは自分の意志で引いたカードなのです。

引かせようとしてる側も常に悪いカードばかり引かせようとしているわけじゃありませんからね(^^)




私達の世界で例えるなら
完コスしなければいけない。
写真加工はマナーです。
似合わない人(美しい人)以外はコスプレしてはいけない
など、これが所属するグループや大多数のコスプレに携わる人が
「そうだ!」と思うようになればそうした空気が出来てしまい
コスプレとは?となるとそういうものになってしまう。

その居心地が悪くなればそのグループから抜けるしかなくなる
その空気がコスプレに携わる大多数の空気となれば
その空気で居心地が悪くなるなら
コスプレに携わること事態から関わりを持たないようにしないといけなくなってしまいます。

もしも、こうした空気が既に蔓延してしまったら
もう、そこから変えることはかなり困難になってしまう


マンガやアニメや映画などは
人が創り出した道具の一つであり
道具とは使い方次第で毒にも薬にもなります。
今回のお話は
一つの人生のシュミレーションとして捉えることも出来ますよ
と、言うお話

とは言え、大衆娯楽なので普通はこういう事は考えなくても良いこと
普通なら娯楽なので面白いか面白く無いか
それだけでいいと思います。

だが、私は考えなっくてはいけない
その理由は次の日記あたりで書くつもりです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック